FC2ブログ

プロフィール

macchantelemarker

Author:macchantelemarker
『森をさまよう』へようこそ!

キャンプ・トレッキング、渓流釣り、雪に埋もれた里山・残雪の春山でテレマーク・スキー(ノルディック系)でのツアーなどの趣味を経て、「森をさまよう」ようになりました。

自然の中で生きる生き物たちの営み、自然と人の関わりなどをテーマに情報を発信します。生態系分野の専門家ではありません。素人としての視点からお伝えしたいと思います。シェアリング・ネーチャーのリーダー(日本シェアリング・ネーチャー協会)、自然観察アドバイザー(東海自然学園)としての活動です。

本当の学術的専門分野は、第2言語習得研究・英語教員養成・現職英語教員の再研修です。

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

森をさまよう

0 コメント

2019_11_30@森林公園植物園:郷土の森の紅葉

園内でも最後に紅葉が見ごろとなる郷土の森西側です。午前中に撮影できるとベストでしたが、仕事のため午後に撮影となりました。こちらは、岩本橋近くのドウダンツツジ、場所により紅葉の進み方が違います。このグラデーションが個人的には好きです。ご参考まで:ご覧いただいている写真は、Nikon D7200とAF-S NIKKOR 300mm PF EDおよびAF-S NIKKOR 18-135mm EDにより撮影したものです。詳しい説明のついていない種類(昆虫を除く)...
記事の続きを読む
スポンサーサイト



0 コメント

2019_11_29@森林公園植物園:ミヤマガマズミ

今年はどの樹木も実つきが大変悪い状態です。特定の種類ではなく、全般にこのような状態なので、夏の気候が影響したのかもしれません。しかしこのミヤマガマズミの株だけは、きれいな紅葉と赤い実を見せてくれました。ご参考まで:ご覧いただいている写真は、Nikon D7200とAF-S NIKKOR 300mm PF EDにより撮影したものです。詳しい説明のついていない種類(昆虫を除く)については、過去のブログで特徴・詳細(習性、分布、用途など)を...
記事の続きを読む
2 コメント

2019_11_28@森林公園植物園:ハナノキの紅葉

朝の光を浴びたハナノキの紅葉がとてもきれいでした。ふるさとの森の中間点で撮影した写真です。ご参考まで:ご覧いただいている写真は、Nikon D7200とAF-S NIKKOR 300mm PF EDにより撮影したものです。詳しい説明のついていない種類(昆虫を除く)については、過去のブログで特徴・詳細(習性、分布、用途など)を紹介していますので、ブログ内検索で参照してください。...
記事の続きを読む
0 コメント

2019_11_27@森林公園植物園:光を受けて

南門の近くでは、西日を受けたナンキンハゼの紅葉がとてもきれいでした。サルスベリは朝に光を受けて、紅葉が輝いていました。ご参考まで:ご覧いただいている写真は、Nikon D7200とAF-S NIKKOR 300mm PF EDにより撮影したものです。詳しい説明のついていない種類(昆虫を除く)については、過去のブログで特徴・詳細(習性、分布、用途など)を紹介していますので、ブログ内検索で参照してください。...
記事の続きを読む
0 コメント

2019_11_26@森林公園植物園:ヤマハゼ

南門の近くでツルウメモドキの実がはじけていました。8番標柱の近くではヤマハゼが綺麗でした。園内の各所でもヤマハゼが目を引きました。沈床花壇では、まだアキアカネが見られました。ご参考まで:ご覧いただいている写真は、Nikon D7200とAF-S NIKKOR 300mm PF EDにより撮影したものです。詳しい説明のついていない種類(昆虫を除く)については、過去のブログで特徴・詳細(習性、分布、用途など)を紹介していますので、ブログ内...
記事の続きを読む
0 コメント

2019_11_25@森林公園植物園:ヒイラギ

花木区ではヒイラギの雄花。A湿地とC湿地の中間点でもヒイラギの雄花。いこいの森では両性花を見ることができました。沈床花壇ではハマヒサカキの雌花と雄花が多数咲いていました。ご参考まで:ご覧いただいている写真は、Nikon D7200とAF-S NIKKOR 300mm PF EDにより撮影したものです。詳しい説明のついていない種類(昆虫を除く)については、過去のブログで特徴・詳細(習性、分布、用途など)を紹介していますので、ブログ内検索で...
記事の続きを読む
0 コメント

2019_11_24@森林公園植物園:彩られた森

北門へ向かう途中ではアオハダも黄葉。北門へ入り展示館へ向かう途中ではイロハモミジも紅葉。太陽の光が当たり輝いていました。花木区の北側、散策路沿いではナツハゼ。つつじ橋の手前ではハゼノキの紅葉が進み始めました。ご参考まで:ご覧いただいている写真は、Nikon D7200とAF-S NIKKOR 18-135mm EDにより撮影したものです。詳しい説明のついていない種類(昆虫を除く)については、過去のブログで特徴・詳細(習性、分布、用途...
記事の続きを読む
0 コメント

2019_11_23@森林公園植物園:色の変化

梅園東側にはモミジバフウの大木があります。紅葉が進むにつれて、黄色から赤へと変化をします。こちらは一般公園内、東門近くにある大木のモミジバフウです。ご参考まで:ご覧いただいている写真は、Nikon D7200とAF-S NIKKOR 300mm PF EDおよびAF-S NIKKOR 18-135mm EDにより撮影したものです。詳しい説明のついていない種類(昆虫を除く)については、過去のブログで特徴・詳細(習性、分布、用途など)を紹介していますので、ブロ...
記事の続きを読む
0 コメント

2019_11_22@森林公園植物園:金色に輝く

大道平池沿いのラクウショウ、逆光で撮ると金色に輝いていました。ご参考まで:ご覧いただいている写真は、Nikon D7200とAF-S NIKKOR 300mm PF EDおよびAF-S NIKKOR 18-135mm EDにより撮影したものです。詳しい説明のついていない種類(昆虫を除く)については、過去のブログで特徴・詳細(習性、分布、用途など)を紹介していますので、ブログ内検索で参照してください。...
記事の続きを読む
0 コメント

2019_11_21@森林公園植物園:終わりとなったトンボの季節

マユタテアカネ、ヒメアカネ、リスアカネなどは見られなくなりました。この時期に観察できたのはアキアカネとコノシメトンボでした。特にアキアカネは数多く観察できました。つつじ橋の近くでアキアカネ雄。沈床花壇ではコノシメトンボ雄。沈床花壇の植栽ではハマヒサカキ雌花、小さいためトリミングしています。パソコンで確認して新たな発見、蕾が膨らんだ状態で雌しべの柱頭が出ていました。ご参考まで:ご覧いただいている写真...
記事の続きを読む