FC2ブログ

プロフィール

macchantelemarker

Author:macchantelemarker
『森をさまよう』へようこそ!

キャンプ・トレッキング、渓流釣り、雪に埋もれた里山・残雪の春山でテレマーク・スキー(ノルディック系)でのツアーなどの趣味を経て、「森をさまよう」ようになりました。

自然の中で生きる生き物たちの営み、自然と人の関わりなどをテーマに情報を発信します。生態系分野の専門家ではありません。素人としての視点からお伝えしたいと思います。シェアリング・ネーチャーのリーダー(日本シェアリング・ネーチャー協会)、自然観察アドバイザー(東海自然学園)としての活動です。

本当の学術的専門分野は、第2言語習得研究・英語教員養成・現職英語教員の再研修です。

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村

カレンダー

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

森をさまよう

2 コメント

2016_12_31@尾張旭市内:濁池

2016年も今日が最後となりました。ブログをご訪問していただいた方々、本当にありがとうございました。皆様にとりまして来年も素晴らしい年となりますよう、お祈り申し上げます。ブログを毎日更新して二年となりました。東の案内所へ届けたスライドショー用の写真データは今年一年で54回となりました。これは一週間に一回を上回るペースでした。ボランティアとして大きな充実感を味わうことができたことに感謝です。また、案内所で...
記事の続きを読む
スポンサーサイト



0 コメント

2016_12_30@尾張旭市内:目つきの悪いオオバン

今日は午前中から正午にかけて三時間ほど自宅から散策に出ました。長洞の山辺の散策路、濁池、維摩池、そして維摩池の西側の山辺の散策路を歩きまわりました。約7キロほどを歩きました。濁池の近くではモズの雄がいつもの場所にいました。警戒心の強いモズです。なかなか近くまで寄らせてくれないため、トリミングしています。長洞の森では野鳥の気配も少なくここまで撮影したのはモズだけでした。維摩池の西側にある山辺の散策路...
記事の続きを読む
0 コメント

2016_12_30@尾張旭市内:山辺の散歩道へ

自宅から徒歩で山辺の散歩道へ向かいました。途中ではタイワンホトトギスがまだ咲いていました。この時期に出会えたムラサキシジミです。驚きでした。散策路入り口を入るとすぐにキタキチョウも舞っていました。防火水槽の上ではメジロが水を飲んでいました。終盤となったヤツデの花です。フユイチゴもまだ綺麗でした。コゲラの群れに出会いカメラを向けました。次の一枚には、コゲラとメジロが映っています。最後に逆光で撮影した...
記事の続きを読む
0 コメント

2016_12_29@森林公園植物園:羽ばたくマガモ

岩本池のカモたちをブログにしました。岩本橋からはいつもの主、アオサギです。北門の近くにある野鳥の観察場所で撮影したカモたちです。キンクロハジロの雄コガモの雌(先頭)と雄カルガモとマガモの雄マガモの雄と雌の羽ばたきご参考まで:ご覧いただいている写真は、Nikon V3にFT1マウントアダプターを付け55-300㎜望遠レンズにより撮影したものです。詳しい説明のついていない種類(昆虫を除く)については、過去のブログで特徴・...
記事の続きを読む
0 コメント

2016_12_29@森林公園植物園:ヒヨドリバナの綿毛

一般公園内、北門へ登り途中のヒヨドリバナです。午前中の光がきれいに当たり、逆光で撮影してみると面白い写真が撮れました。実はヒヨドリバナを撮影することが目的ではありませんでした。この場所ではベニマシコの雄が目撃されています。何度か期待して訪れているのですが、タイミングが良くないようです。ご参考まで:ご覧いただいている写真は、Nikon V3にFT1マウントアダプターを付け55-300㎜望遠レンズにより撮影したもので...
記事の続きを読む
2 コメント

2016_12_28@森林公園植物園:ヤツデ

ヤツデ(ウコギ科ヤツデ属)別名:テングノハウチワ本州(茨城県以南の太平洋側)、四国、九州、沖縄に分布します。海岸から丘陵地帯の林内で見られる常緑低木です。樹高は1メートルから3メートルほどです。葉は互生し、枝の先に集まって付きます。葉身の直径は20センチから40センチと大きく、掌状に深く裂けます(7裂から9裂)。葉の縁には粗い鋸歯があります。開花期は11月から12月、雌雄同株です。枝の先に散形花序を円錐...
記事の続きを読む
0 コメント

2016_12_28@森林公園植物園:様々な野鳥

南門から入りハナナを眺めながら進んでいくと、昨日ブログにした個体とは別のジョウビタキと思われるお嬢さんが迎えてくれました。展示館西側散策路を北へ進んだ場所ではモズに出会うことができました。モズの雌と雄でした。北門を出た場所ではコゲラの群れにエナガも混じっていました。エナガとコゲラです。沈床花壇の東側、噴水のある池では、カワセミの雌がダイブを繰り返していました。嘴の下側がオレンジ色です。トリミングし...
記事の続きを読む
4 コメント

2016_12_27@森林公園植物園:ジョウビタキ

南門から散策路を少し進んだ場所は、ジョウビタキ(お嬢さん)の縄張りとなっています。歩いていくとほぼ毎回顔を見せてくれます。今回も様々な表情を見せてくれました。トリミングはおこなっていません。縄張りを宣言していました。ご参考まで:ご覧いただいている写真は、Nikon V3にFT1マウントアダプターを付け55-300㎜望遠レンズにより撮影したものです。詳しい説明のついていない種類(昆虫を除く)については、過去のブログで特...
記事の続きを読む
0 コメント

2016_12_27@森林公園植物園:アオモジの黄葉

コナラ、アベマキ、クヌギもほとんど落葉し、最後にアオモジが黄葉の見ごろとなりました。園内で一番黄葉がきれいなアオモジです。来年三月の開花を待つ蕾もたくさんついていました。ご参考まで:ご覧いただいている写真は、Nikon V3にFT1マウントアダプターを付け55-300㎜望遠レンズにより撮影したものです。詳しい説明のついていない種類(昆虫を除く)については、過去のブログで特徴・詳細(習性、分布、用途など)を紹介していま...
記事の続きを読む
0 コメント

2016_12_26@森林公園植物園:リス(トリミングなし)

岩石園南側の林の中で見たリスです。ここからはいこいの森中央部で撮影したリスです。じっとしているように見えますが、かなり細かい動きがあり、なかなかぴたりと静止した状態の写真を撮ることができません。ご参考まで:ご覧いただいている写真は、Nikon V3にFT1マウントアダプターを付け55-300㎜望遠レンズにより撮影したものです。詳しい説明のついていない種類(昆虫を除く)については、過去のブログで特徴・詳細(習性、分布、...
記事の続きを読む