FC2ブログ

プロフィール

macchantelemarker

Author:macchantelemarker
『森をさまよう』へようこそ!

キャンプ・トレッキング、渓流釣り、雪に埋もれた里山・残雪の春山でテレマーク・スキー(ノルディック系)でのツアーなどの趣味を経て、「森をさまよう」ようになりました。

自然の中で生きる生き物たちの営み、自然と人の関わりなどをテーマに情報を発信します。生態系分野の専門家ではありません。素人としての視点からお伝えしたいと思います。シェアリング・ネーチャーのリーダー(日本シェアリング・ネーチャー協会)、自然観察アドバイザー(東海自然学園)としての活動です。

本当の学術的専門分野は、第2言語習得研究・英語教員養成・現職英語教員の再研修です。

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村

カレンダー

01 | 2016/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 - - - - -

森をさまよう

0 コメント

2016_02_29@自宅:メジロとウメの花

本日は二回目のブログとなります。今日は森林公園植物園も休園日、そして私の夕食当番の日でもあります。午前中は雨模様、いつものようにNHKスペイン語応用編の講座がiPod Touchのライブラリに入っています。2時間ほどスペイン語のお勉強タイム、そのあとブログの準備作業に入りました。昼食後空を見上げると明るくなり、薄日も差し始めました。リビングの窓越しに庭のウメの花を眺めていると、小さな緑色のメジロが二羽で訪れ、吸...
記事の続きを読む
スポンサーサイト



0 コメント

2016_02_29@森林公園植物園:梅園情報

昨日は大変暖かく、気持ちの良い自然観察ができました。自宅から歩いて山辺の森散策路南側に沿って進み、南門から入り梅園へ向かいました。これまでブログで紹介していない品種のウメたちです。昨日新たに開花を確認したウメたちです。一の谷(いちのたに)花座論(はなざろん)玉英(ぎょくえい)見驚(けんきょう)千歳菊(ちとせぎく)白砂(はくさ)豊後(ぶんご)そして最後に梅園東側入り口付近の様子です。逆光で撮影してみました。三枚目...
記事の続きを読む
0 コメント

2016_02_28@森林公園植物園:若い雄のルリビタキ

梅園東側で撮影した若い雄のルリビタキです。成鳥雄よりも近くから撮影することができました。ほぼファインダー内にいっぱいで撮影することができました。今回もトリミングしていません。ルリビタキ(ヒタキ科ルリビタキ属)Red-flanked bluetailTarsiger cyanurus東門手前ではイカルが。二枚目はトリミングしています。イカル(アトリ科イカル属)Japanese GrosbeakEophona personataそして児童遊園ではトラツグミ。トリミングしてい...
記事の続きを読む
0 コメント

2016_02_27@森林公園植物園:ルリビタキ成鳥雄

梅園東側では成鳥雄のルリビタキが姿を見せてくれるようになりました。自分の姿をウメの枝に隠しながら接近できるところまで静かに移動しての撮影でした。トリミングはおこなっておりません。ルリビタキ(ヒタキ科ルリビタキ属)Red-flanked bluetailTarsiger cyanurusご参考まで:詳しい説明のついていない種類(昆虫を除く)については、過去のブログで特徴・詳細(習性、分布、用途など)を紹介していますので、ブログ内検索で参照し...
記事の続きを読む
0 コメント

2016_02_26@森林公園植物園:春の花たち

早春の花と言えばフクジュソウ(福寿草)です。展示館前の野草園ではやっと開き始めました。フクジュソウ(キンポウゲ科フクジュソウ属)フキ(キク科フキ属)さらに早春の花、フキノトウです。雌雄別株です。まず雌株からです。それぞれの蕾は数多くの小花の集合体です。トリミングした写真を見ていただくと、中央に花弁が5裂した筒状の両性花が2・3個あり、その周りはすべて雌花です。雌蕊が白っぽく目立ちます。次に雄株の花序です...
記事の続きを読む
0 コメント

2016_02_25@森林公園植物園:エナガの巣作り

2月のこの時期、エナガがペアリングし巣作りを始めます。そんな場面に運よく出会うことができました。場所は申し上げられませんが、トリミングしていないエナガの働く様子です。エナガ(エナガ科エナガ属)Long-tailed TitAegithalos caudatusそして最後にトリミングなしのメジロです。メジロ(メジロ科メジロ属)Japanese White-eyeZosterops japonicusご参考まで:詳しい説明のついていない種類(昆虫を除く)については、過去のブログ...
記事の続きを読む
0 コメント

2016_02_24@森林公園植物園:ルリビタキ♀

岩本池沿いの野鳥観察ポイントです。ヌルデがたくさん実をつけていて、メジロやルリビタキが訪れる場所となっています。いつもここを通過する前に三脚をセットし、じっと待っている場所です。今日はルリビタキの雌です。トリミングはしていません。ルリビタキ(ヒタキ科ルリビタキ属)Red-flanked bluetailTarsiger cyanurusご参考まで:詳しい説明のついていない種類(昆虫を除く)については、過去のブログで特徴・詳細(習性、分布、...
記事の続きを読む
0 コメント

2016_02_23@森林公園植物園:梅園のウメの花たち

連日の暖かな日差しにより、梅園のウメの花たちの開花が進みました。多くの品種が花の見ごろを迎え始めました。様々な品種を撮影しました。ご参考まで:詳しい説明のついていない種類(昆虫を除く)については、過去のブログで特徴・詳細(習性、分布、用途など)を紹介していますので、ブログ内検索で参照してください。ご覧いただいている写真は、Nikon V3にFT1マウントアダプターを付け55-300㎜望遠レンズにより撮影したものです。...
記事の続きを読む
0 コメント

2016_02_23@森林公園植物園:春の日差しの一日

今日は一日森林公園内を歩きまわりました。日差しに温もりを感じながら気持ちの良い観察をすることができました。やはり何といってもオオイヌノフグリの瑠璃色が目を引きました。帰化植物ではありますが、今や市民権を獲得したような存在です。オオイヌノフグリ(ゴマノハグサ科クワガタソウ属)そしてサクラソウです。園芸品種ではありますが、春を感じる花です。サクラソウ(サクラソウ科サクラソウ属)いまだに返り咲きの花が残って...
記事の続きを読む
0 コメント

2016_02_23@森林公園植物園:メジロ

やっとメジロを近い距離で撮影できました。岩本池沿いのヌルデの実を採食していました。木の手前ですこし眺めていると、1・2分でメジロの小群が移動してきました。一つのグループが去るとまた次のグループがやってきました。メジロ(メジロ科メジロ属)Japanese White-eyeZosterops japonicusここからトリミングしています。ご参考まで:詳しい説明のついていない種類(昆虫を除く)については、過去のブログで特徴・詳細(習性、分布、...
記事の続きを読む