FC2ブログ

プロフィール

macchantelemarker

Author:macchantelemarker
『森をさまよう』へようこそ!

キャンプ・トレッキング、渓流釣り、雪に埋もれた里山・残雪の春山でテレマーク・スキー(ノルディック系)でのツアーなどの趣味を経て、「森をさまよう」ようになりました。

自然の中で生きる生き物たちの営み、自然と人の関わりなどをテーマに情報を発信します。生態系分野の専門家ではありません。素人としての視点からお伝えしたいと思います。シェアリング・ネーチャーのリーダー(日本シェアリング・ネーチャー協会)、自然観察アドバイザー(東海自然学園)としての活動です。

本当の学術的専門分野は、第2言語習得研究・英語教員養成・現職英語教員の再研修です。

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村

カレンダー

02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

森をさまよう

0 コメント

2016_11_02@ひらゆの森:紅葉・黄葉2

今朝のブログの続編です。今日の朝食後に撮影したひらゆの森周辺で撮影した秋色です。このブログは秩父長瀞にあるホテルからアップロードしました。ご参考まで:ご覧いただいている写真は、Nikon V3と10-30㎜標準レンズにより撮影したものです。...
記事の続きを読む
スポンサーサイト



0 コメント

2016_11_02@ひらゆの森:紅葉・黄葉1

誤操作によりアップロードしたブログが消えてしまいました、ショックです。再度今朝ひらゆの森で撮影した写真をアップしています。紅葉がきれいな森でした。ご参考まで:ご覧いただいている写真は、Nikon V3と10-30㎜標準レンズにより撮影したものです。...
記事の続きを読む
0 コメント

2016_09_15@平湯温泉:ユーモアたっぷりの森のレストラン

ひらゆの森シリーズ最後のブログとなります。宿泊者が利用するレストラン以外に、もう一つの森のレストランがあります。レストランもみの木です。とてもユーモアが豊かな方が責任者だと思います。長い渡り廊下は畳張りで、床暖房となっています。合掌造りの古民家を移築した休憩処から進んでいき、目に留まったものを撮影してみました。周囲はすべて森で、ウラジロモミが主体となっています。数量限定の手打ちもりそばがお勧めです...
記事の続きを読む
0 コメント

2016_09_14@平湯温泉:ひらゆの森館の施設2

帰宅する当日撮影した「かかし庵」です。7月末から10月まで、ひらゆの森駐車場で開かれる産直市場です。その日の朝に収穫した新鮮ない野菜が店頭に並びます。すべて破格の値段です。地元で生産された新鮮野菜をいつも楽しみにして平湯を訪れます。トマト、ミニトマトなどはすべて試食できます。しかもまるごと。ひらゆの森のシンボル的な存在の足湯です。もちろん無料です。それだけ湯量が豊富なのですね。帰路につく前、前日まで...
記事の続きを読む
0 コメント

2016_09_13@平湯温泉:ひらゆの森の施設1

エントランス・ロビーの部分は、築300年以上の古民家を移築したものです。歴史を感じますね。人工海水によりトラフグ養殖がおこなわれています。海水温は温泉熱によって通年一定に維持されています。予約注文ですが、トラフグ料理を夕食に注文することもできます。いつかためしてみたいものです。日帰り入浴の方々が休憩する場所も、合掌造りの古民家を移築したもです。上部は客室となっています。神岡鉱山で使用された鉄釜が湯船...
記事の続きを読む